世界で最も精密な印刷シリンダーのためのオートメーション

1ミクロンにいたるまで

21.1.2022
スイスのデトワイヤー社は、印刷ローラー製造用の高品質な旋削・研削システムの製造において、長年にわたりKEBAの部品を使用してきました。デトワイヤー社の技術責任者であるハンス・ヨルグ・ミッシェル氏は、KEBAコンポーネントの品質だけでなく、オープンで協力的な、顧客志向のコラボレーションを高く評価しています。

精度が求められています。極めて高い精度が求められています。スイスのオフトリンゲンにあるデトワイヤー社(Daetwyler Graphics)の工場では、「ミクロン」という言葉が最も頻繁に使われています。この工場では、60名の従業員が、凹版印刷機で使用されるグラビアシリンダー(画像が刻まれた印刷用シリンダー)の製造・加工に使用される、年間約60台の旋盤・研削盤を丹念に開発・製造しています。同社はHeliograph Holdingの傘下にあり、年間約1,500万ユーロの収益を上げています。

グラビア印刷は、主にビジュアルやセキュリティが重要な役割を果たす印刷に使用されます。例えば、たばこ産業に代表される軟包装や、紙幣や有価証券の印刷などがそうです。また、この技術は大量のカタログ印刷にも使用されています。これらの輸出率は非常に高く、デトワイヤー社の最も重要な市場はアジアです。

デトワイヤー社が作ったシステムを運用する企業は、世界で最も精密な印刷シリンダーを作っています。そのようなシステムでは、エンドユーザーがマイクロメートル単位の精度でシリンダーを処理・加工できるようにしなければなりません。その許容範囲は、シリンダーのサイズにもよりますが、円筒部で10μm、直径部で5~10μmです。これを実現するために、機械のガイドを約3μmの精度でまっすぐにしています。印刷機の中でシリンダーが最高の精度で回転しないと、色がずれたり、欠けたりしてしまいます。つまり、品質に対するハードルは非常に高く、これはドライブやコントローラーなどの部品にも言えることです。

デトワイヤー社とKEBA

デトワイヤー社の技術責任者が説明します。"Heliograph Holdingは何年も前からLTI Motion GmbH(注:2019年からKEBA社の一部)製のコントローラを使用しています。SPSの展示会で、当社の開発チームがKEBAのコントローラーを発見し、そのコンパクトなデザインに魅了されました。"ビジネス上の関係がさらに緊密になったのは、2017年、デトワイヤー社のモーション・コントローラーのメイン・サプライヤーが製品を製造中止し、デトワイヤー社の要求を満たす代替品を容易に提供できなかったときでした。Michel氏「提案されたソリューションは、初心に戻って一から開発をやり直すことを意味していました。そのため、既存のサプライヤーに入札を呼びかけ、コンセプトを練ってオファーを出してもらうことにしたのです。」入札に参加したのは、合計6社のオートメーション専門企業でした。Michel「KEBA社が落札したのは、彼らの価格が最も低かったからではありません。確かに彼らはその点では2位でしたが、全体的なパッケージが適切で、他にも説得力のあるメリットを提供してくれたからです。」

自動化は孤立して起こるものではない

柔軟性と開放感のあるコンパクトなデザイン

KEBAのKemro Xハードウェア/ソフトウェアプラットフォームには、オープンインターフェースが標準装備されています。これにより、これらのソリューションは独自のアプリケーションやサードパーティのアプリケーションにも対応しています。お客様は、どの技術をどこで使用するか、どの技術を保護したいか、どの分野での依存関係を受け入れるかなど、独自の判断を下すことができます。このアプローチは、持続可能なオートメーションソリューションを保証すると同時に、企業の柔軟性を守ることにもつながります。Michel氏「他のオートメーションプロバイダーは、シングルソースのソリューションを提供していますが、製品レベルでは孤立主義のように振る舞います。サードパーティや所有者へのアプリケーションの統合を不可能にしており、これは大きな欠点です。」

また、KEBAは安全性を重視しており、SLSの安全停止プロトコルなどが基本的な制御システムに組み込まれており、すべてのコントローラーに必要な安全入力が装備されています。

KEBAは、各コンポーネントにできるだけ多くのインテリジェンスを注ぎ込むことで、構造上のスペースを大幅に削減することができます。このコンパクトな設計は、非常に大きなメリットでした。Michel氏「例えば、Codesysのサポートは非常に重要でした。ただし、私の条件として、Codesysは別のPCを使うのではなく、制御システムに統合されている必要がありました。このコンパクトな設計手法を徹底すれば、制御盤内のスペースを約30%節約することができます。」このように制御盤をコンパクトにすることで、デトワイヤーは新しいシステムをより自由に設計することができるようになりましたが、これは特に小型のシステムには欠かせない要素です。サイズだけでなく、KEBAのコンポーネントの統一されたデザインは、機械メーカーにとっても有益です。Michel氏「サーボコントローラやフリークエンシーコントローラなど、どのKEBAコントローラを導入しても、すべて同じ寸法、同じ形状になっています。これは私たちの設計プロセスに大きな助けとなります。デトワイヤー社では、すでにこれに基づいて新製品シリーズを計画しています。」

ユニークなチームと文化

「KEBAでの仕事で特に気に入っているのは、コミュニケーションが容易なことです。」とMichel氏は言います。「スイスの担当者は、私たちが心配していることすべてに気を配り、フィードバックをすぐに返してくれます。彼らは、私たちの懸念事項をすべて把握し、フィードバックを迅速に返してくれます。これはうまく機能しており、非常にスムーズに進んでいます。」デトワイヤー社のパートナーであるKEBAについて、他に気に入っている点はありますか?Michel氏「KEBAは垂直統合が素晴らしく、非常に知識豊富なスタッフが揃っていることです。準備段階での相談会では、KEBA自体が製造会社であり、例えば回路基板を製造していることを実感できます。」製品が作られる場所で専門家が働きます。そしてこの大きなメリットは、後にサポートチームと一緒に仕事をするときにも実感できます。「KEBAの従業員は製品と密接に関わっています。彼らは製品に深く関わっているので、迅速で専門的なコンサルティングを行うことができます。彼らは製品と密接に関わっているので、迅速でプロフェッショナルなコンサルティングが可能です。その代わり、お客さまは目の前の専門家と話すことができるのです。」KEBAとの協力関係を一言で表すと?「オープンで、正直で、協力的で、顧客に優しい。」と、電光石火の答えが返ってきました。Michel氏は、これがドイツやオーストリアのチームと同様に、スイスのKEBAオフィスにも当てはまることを強調しています。

Hansjörg Michel, Head of Technology at Daetwyler Graphics

デトワイヤーの技術責任者であるHansjörg Michel氏 © KEBA

KEBA社製のサーボモーターは、コンパクトなデザインでありながら、優れたダイナミック性とパワーを備えています © KEBA

KEBAサーボシステムによる同期性に優れたベルト研磨駆動 © KEBA

KEBAドライブのサイズを最適化することで制御盤のサイズを小さくし、コストと作業時間を削減© KEBA


Please select your preferred language
Your browser is out of date
Internet Explorer is no longer supported. Please switch to a current browser to use keba.com to its fullest extent.

Edge

Chrome

Safari

Firefox

KEBA - Automation by innovation.