お問い合わせ

    KeTop T150/T155 safe wireless

    ワイヤレステクノロジーによる快適な操作

    最高レベルの快適性と安全性

    高品質のビジュアリゼーションを達成するため、HMIは真のマルチタッチとして操作できる10.1インチの静電容量方式タッチスクリーンを備えています。

    Dual-Coreプロセッサーと最大4時間稼働する3500 mAhバッテリーにより、長時間のスムーズなパフォーマンスを達成します。また、1400 gと軽量であるため、疲れにくい快適な操作をもたらします。

    多くの作業場では、モビリティが重要な役割を果たしています。ビジュアリゼーションの快適性と安全性を達成する上で、セーフティ機能は不可欠です。このような理由から、ハンドヘルドペンダントステーションは非常停止ボタンとイネーブルスイッチを備えています。また、TŪV Rheinland社による安全性認定や、EU、日本、アメリカ、カナダ各国の無線に関する許可を得ており、SIL3およびKat4/PLeによる安全規格にも準拠しています。

    ラボ環境で、KeTop T150ワイヤレスを手に持った人と背後に写るロボットアーム。

    信頼性の高いパフォーマンス

    最先端システムには、最適な作業状況を確保するために、スピード、信頼性、そして効率性の高さが求められています。短い応答時間で最大の可用性を確保し、なおかつセキュリティ環境で求められる応答時間を達成するには、ビジュアリゼーションデータとセキュリティデータを分離しなければなりません。

    もっと表示

    ビジュアリゼーションを行う際、ハンドヘルドペンダントステーションと接続ボックスの間でのデータ交換はWi-Fi接続で行われますが、セキュリティデータはBluetooth接続を介して送信されます。このデータフローの分離によって外部からの侵入が一層難しくなり、最大の安定性が確保され、セキュリティも向上します。

    また、非常停止信号の最大許容追跡時間である100 msを超過すること、さらにアプリケーションの一時的な障害が生じても非常停止の作動やイネーブルスイッチの無効化がトリガーされないことも保証されます。こうして干渉を防止できるため、効率も高まります。

    非常停止またはイネーブルスイッチが無効化された場合は、必要に応じて、HMIをタブレットモードで使用できます。このモードを使用できない状況では、基地局とのペアリングを行えばローカル無線モードが作成されます。

    どのシステムにも最適なソリューション

    ユーザーに一層の柔軟性を与えるという考えは、ハンドヘルドペンダントステーションの操作時における動きの自由度を高めると共に、そのシンプルなインストールと統合によっても実現されています。Windows 10、マルチタッチ、そしてオプションのHMIソフトウェアにより、ワークステーションへのあらゆる統合オプションが利用できます。個別の安全出力により、手動のコントロールユニットはどのような制御システムにも適しています。レトロフィットソリューションも実装できます。

    基地局のローカルWi-Fiは、KeTop T15xによってのみ検出されます。他のデバイスからは検出できません。

    また、セキュリティガイドラインを順守するために、ペアリング/ペアリング解除の前後にWi-Fiを無効化するオプションもあります。したがって、専用のセキュリティバスシステムは不要で、既存のセキュリティソリューションやWi-Fiインフラストラクチャを活用できます。

    製造フロアに配置された機械とロボットの図

    最大限の安全性を確保するための有効範囲の制限

    HMIのワイヤレスな設計により、機械をその動作範囲内で操作する際に、最大限の動きの自由度が与えられます。許容される距離は、Wi-FiとBluetoothの接続に基づいて決まります。タグや他のコンポーネントの取り付けが不要で、ユーザーはアプリケーションからの最大許容距離を定義することで、有効範囲を制限する基地局の周りに理論上の円を作成します。この領域は、無線信号が到達可能な距離ではなく、危険領域に対する見識に基づくものです。

    もっと表示

    オペレーターが操作範囲からは離れたが、まだ許容範囲内にいる場合、操作デバイスによる振動と非常停止ボタンの拍動で警告を受け取ります。この領域内では、作業の流れを中断または頻繁な停止を避けるために、設定された時間だけ機械を操作できます。

    しかし、この許容範囲を越えた場合、またはオペレーターが許容時間内に有効範囲内に戻らなかった場合は、許可が無効になり、自動非常停止が作動します。これにより、ユーザーが機械を視認できる場合にのみ機械操作が許可されるので、万が一危険が生じたときには直ちに反応できるようになります。

    KeTop T15x safe wirelessは、快適性、信頼性、シンプルな統合、そして何よりもセキュリティを表しています。

    希望と完全に一致

    ビジュアリゼーションソリューションは、ユーザーである皆様にユーザーインターフェースをカスタマイズできるオプションを数多く提供することで、機械の個々の構成の強力な基盤となります。すべてのモジュールとアプリケーションフレームが事前定義でき、希望に合わせて組み合わせ可能です。また、コンポーネントは、個々の機械モデルに再利用できます。HMIアプリケーションとキーボードは、個別に設計して構成できます。さらに、操作の利便性をできる限り高めるため、フォント、単位、記号、日付や時刻も変更できます。

    ユーザーインターフェースは、独自のコントロールを作成してカスタマイズできるように設計されています。時間制御されたアニメーションも構成して表示できます。直感的な作業方法としてジェスチャーコントロールも開発されました。オープン性と構成可能な機能の組み合わせにより、このビジュアリゼーションコンセプトは極めて適応性が高く、使い勝手の良いアプリケーションとなっています。独自に記述した関数、企業所有のビジュアリゼーション、独自のライブラリーなど、ソフトウェアの設計に制限はありません

    エラーが発生しました

    電子メールを keba@keba.com に直接送信してください。

    お問い合わせは正常に送信されました

    お問い合わせありがとうございます。当社のKEBAカスタマーサポートはお客様に速やかにご連絡いたします。

    お問い合わせ

    詳細情報やご質問、折り返しのご連絡などお気軽にお問い合わせください。

    姓 は入力が必須です
    名 は入力が必須です
    Eメール は入力が必須です
    件名 は入力が必須です
    お客様の情報 は入力が必須です
    お問い合わせ先
    Shiori Takaragi
    Shiori Takaragi セールスサポート +81 3 6712 9941
    Please select your preferred language
    KEBA - Automation by innovation.